投資の対象をどうきめるか

投資を行いにあたり、今は本当にいろいろな対象が存在しています。 実際にリスクも高いものから低いものまで。もちろん、リターンについても高いものから低いものまで。 実物投資もあれば、仮想通貨まで様々存在していて選択肢が非常に豊富です。それだけに何に投資するのか、非常に難しくなっているともいえるのが現状だといえるでしょう。 そこで投資対象を選ぶ際の材料をご紹介していきたいと思います。 まず、投資として非常に一般的である株式投資です。こちらは政府の方針もありNISAで税控除が可能なため、過去よりも非常に盛んにおこなわれるようになっています。もちろん、金額についても1000株でなくても100株からのスタートができたりと非常に幅が広がっているといえるでしょう。 また、この株式投資の魅力、そして投資対象に選ぶ理由としては株式そのものだけではなく、配当であったり、株主優待券だったりと様々なメリットを享受することができるのが魅力となっています。 次にクラウドファウンディングです。非常に新しい考え方で、企業でなくとも、その事業に対して興味があったり、リターンを得ることができると考えれば、インターネット上で投資を募るという考え方です。若い実業家が資金を集めるにあたって非常に活用しやあ酸いという側面もあり、投資する側についても積極的に活用することになりつつあります。また、その投資案件の内容も社会的にインパクトのある事業や環境事業など単なるビジネス目的だけではなく、さまざまな要素を含んでいるだけに非常に興味深いものになっています。資金に余裕があったり、応援したいという理由を持っていれば、こうした投資も面白いかもしれません。 コツコツとした投資。最近では少額でも投資が可能になっています。それは例えば、おつりをベースにした少額の投資を行ったり、アンケートサイトやポイントサイトで稼いだポイントを投資に回したり、通信キャリアのポイントを投資にまわすといった手法になります。 非常にお手軽でかつ、リスクをあまり負う必要もないことから人気があるのだと思います。主婦層であっても投資をすることが可能です。 もちろん、逆に豊富な資金を持っている方には投資信託といったプロに運用を任せるような世界もあります。なかなか、ここまでの資金を手にすること自体が難しいかもしれませんが、さらに増やそうと考えるんであれば、ぜひとも試すべき手法です。